56分の2の独り言

難病と闘いながら障害者の生活の質の向上を目指すオジサンです

2017-08

私の胸の内

毎日をただがむしゃらに生きていて
ああー自分は何をやっているんだろうって事有りますよね。
今日はそんな事をしきりに考えさせられる
そんな一日でした。
だからってそんなに強い挫折感って訳じゃないんですよね。
私は何かを発信したくて
こうして毎日色んな事を書いてるんですが
私がこうして毎日色んな事を呟いているのに
私に敢えて本心をさぐろうとしている人がいます。
そんな人ってスゴク疲れますよね......
今日はK市の総合病院に行って来ました。
そして思った通りの医師の答えがありました。
しかしそんな事はここには書きたくありません。
興味本位に人の胸の内に入って来ようとする人がいるからです。
スポンサーサイト

自分の道は自分で開く

生きて行く道は自分で開かないと誰も開いてはくれない
このことは今の病となって改めて知ったことである。
誰か助けてくれるのを待っていても
誰も助けてくれる人はいない。
この病になってある介護者に言われた言葉は
ずっと自分の胸に突き刺さったままである。
「ご自分の事はご自分で決めるんじゃ無いんですか」
この言葉を言われた時の悔しい気持ちは
終生忘れることは無いだろう。
この言葉を発した介護者は
自分が発した言葉を覚えているだろうか。
多分忘れているだろうなぁ
多分そんなモノであろう。
自分は逆境になると
なにくそと思うタイプの人間なので
こう言葉を聞くと強い人間になれる。
だから自分の道は自分で開いていく。

余裕のある一日

日中疲れていても
このブログを書く時間になると
不思議な位に疲れれてどうしよもなくても
疲れた気持ちがどこかへいってしまいます。
私は文章を書くことがあまり苦になりません。
今日はうら盆で皆それぞれ田舎に里帰りしているせいか
先週末位から車の通行量が少なく感じます。
またそろそろ元の交通量になって来るんでしょうね。
今日は午前中は姉夫婦が来てくれた。
私の好物の蛸の天ぷらは届かなかったが
平素聞けない話をたくさん聞けたのは良かったです。
今日は盆で色んなモノが休みが多いので
昼からは平素は出来ない用時が
余裕を持って出来ました。

日々思う事

今日は日曜日でとても天気の良い一日であった。
そして今年も盆がやって来た。
60代もあと少しなると
何となく後どのくらい盆を迎える事が出来るのかなと思う様になった。
自分もそんな年代になって来たのか思うと
感慨深いものがある。
そんな歳になって難病というものが私にやって来たのです。
あ何年もないと思われる私に
何故か訪れちゃったんですよね。
楽しい老後を満喫したかったのにね。
神様は私に難病を与えてくれたんですよね。
難病になってなかったらと色んな事を考えます。
でも難病に負けずに
これからも何とか生きたいと思っています。

どんどんと深刻になる

私の様な中途の障害者は
人生の途中から出来ない事が増え
大きな挫折というものを感じてしまいます。
今まで出来ていた事が出来なくなるという事は
とても悲しい事です。
突然と出来なくなる場合と
徐々に出来なくなるというのは
どちらにしても出来なくなるという現実には
違いありません。
最近はこの出来なくなるという現実が
違った出来なくなるという現実を感じている私です。
障害の実態が
どんどん深刻なモノになっていく現実に
さすがの私も気持ちがどうしても耐え難い気持ちになっていきます。
どうなるんだろうね。

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

プロフィール

時代おくれ

Author:時代おくれ
訪問ありがとうございます!!!
YouTubeの好きなオヤジです

私の好きな言葉です

「神はその人が乗り越えられない荷は背負わせない」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (29)
脊髄性筋委縮症 (13)
神経線維腫症1型 (7)
指定難病 (14)
事業所の事 (43)
行政の方達 (57)
障害福祉サービスの事 (25)
家族や友人の話 (10)
日々の独り言 (562)
元気に成り勇気をもらえる歌 (33)
新聞やテレビ等で思う事 (152)
介護との関わり (6)
日々の出来事 (256)
介護保険 (20)

56分の2のカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR