56分の2の独り言

難病と闘いながら障害者の生活の質の向上を目指すオジサンです

2017-06

最近読んでいる本で感じる事

最近読んでいる本「こころの匙加減」という本の最初にはこんな事が書いてある。
頑張りすぎず
自分を甘やかせすぎず
我慢しすぎず
他人を頼りにしすぎず
と書いてある。
毎日を穏やかにちょうどよく
生きる為にこうありたいという事である。
中々この通りに生きれるほど
私はまだ人として成長出来ていない。
この本を書いた著者は100歳を迎えた医師であるが
自分も一歩でも近づける人間になりたいものです。
スポンサーサイト

どうしたものかなあ?

世の中色んなニュースがかけめぐっている。
色んな事が有り過ぎてそれぞれニュースに対する
私の思いはあるが今はどちらかというと
自分の事も有るので敢えて世の中の事には触れずに
自分の事を考えたい。
会社の事、病の事を考えていると
いつのまにか時間が過ぎている。
何にしても環境の問題は仕事の問題でも
大きな部分を占めている。
毎日の生活をするのに
これからこの場所で良いのか
もうあまり先延ばし出来る問題ではない。

気になる新聞記事

今日は珍しく身体がスゴク軽く感じられた。
こんな事は久し振りだ。
何でだろうかと不思議に思った。
こんな日は何だかご褒美をもらった様なそんな感じであった。
新聞記事で同じ病の人が在宅で生活している記事を
ヘルパーさんから新聞記事で同じ病の人が
記事に有る事を紹介された。
新聞は購読しているので毎日届くけれど
上肢の不自由な私としては
余程の事が無い限り新聞記事を目にする事は無い。
今日目にした記事の人は同じ市内に住む人の様だ。
在宅医が同じであるし年齢も近いし価値観が同じ人の様に思える。
是非とも交流をしたいと考える。
Doctorにお願いはしても無理だろうから
どうしたものかと考える。
個人情報保護法というものがあるから。

信じられないかもしれませんが......

皆さんはこの記事に関して一体???と思われるでしょう。
私の足ってスゴク冷たいんです。
もう直ぐ夏という季節を迎えようとしているんですよね。
あまりの冷たさに
使用しないで箪笥に隅っこに追いやられていた
ソックスが復活したんでよね。
男の冷え性なんておよそ私の辞書にはありませんでした。
私が若い頃に聞いた事を
最近思い出しました。
人は下半身から機能が衰えるという言葉です。
こんな時期に就寝の際に
ソックスなんて信じられないでしょうが
事実なんですよね。

何か面倒なことばかり

身体は動かなくなったけれど
脳味噌はフル稼働している。
でも面倒な事が多い。
協力的なふりを見せかけだけして
そして何にもしない。
そんなのはもううんざりである。
何にもせずしてさぞかし気にしてますというパフォーマンスはうんざりだ。
結局しんどさとめんどくささだけが残り
すっきりしない極めて
重たい自分の胸の内だけが残る。
色んな事を絶えず考え続ける自分である。

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

プロフィール

時代おくれ

Author:時代おくれ
訪問ありがとうございます!!!
YouTubeの好きなオヤジです

私の好きな言葉です

「神はその人が乗り越えられない荷は背負わせない」

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (28)
脊髄性筋委縮症 (13)
神経線維腫症1型 (7)
指定難病 (14)
事業所の事 (43)
行政の方達 (56)
障害福祉サービスの事 (24)
家族や友人の話 (10)
日々の独り言 (534)
元気に成り勇気をもらえる歌 (33)
新聞やテレビ等で思う事 (146)
介護との関わり (6)
日々の出来事 (242)
介護保険 (18)

56分の2のカウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
113位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR